<< エアロソアラの改造(その3) | main | タミヤのゼロ戦(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タミヤのゼロ戦(その1)

全ては「飛行機プラモ大全」から始まった

約2年間放置していたブログを、再開しようと思い立ちました。その訳は・・・

 先日、図書館で「飛行機プラモ大全」なる本を見つけました。コレクターの方が書かれた写真満載の本で、日本での飛行機プラモの歴史を俯瞰することができます。
 子供の頃に作った、アオシマやレベルの懐かしい機体。ああ、こんなのもあったなあ、と昔を懐かしく思い出しました。

 近所のおばさんからクリスマスにもらった、デルタ翼のすごいプラモがありました。レベル製で、風防を閉じると連動して前輪、主輪がともに胴体に収納されます。そのダイナミックで精巧な動きに感動したものですが、それが「F-102A デルタダガー」だったことも分かりました。
 何とか手に入らないものかと、ネットであれこれ探してみたのですが、かなり古いこともあって見つからず、断念せざるを得ませんでした。

 やや気落ちして、大全を読み進むと、ゼロ戦の記事がありました。過去、ゼロ戦のキットは、国内のみならず海外でも作られてきましたが、その中でも、タミヤのゼロ戦は最高峰とあります。
 見れば、エンジンやコックピット、座席のシートベルトに至るまで精密に再現し、主輪も尾輪も引き込み可能。昇降舵など各舵も可動。精巧さと動く面白さをともに追求した欲張りなモデルとのこと。

 値段は7000円近くするのですが、よし、これを作ってみよう!と心に決めました。


スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • 23:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
フジミ模型とプラモデル通販
プラモデル好きなあなた、「フジミ模型」ってもうチェックされましたか?わたしの周りで話題になっている、かなり優れものの模型制作会社です。フジミ模型のプラモデルはかなり精巧に出来ていて 玄人受けのするプラモデルが多くあります。特に「戦艦」シリーズは作る醍
  • フジミ模型deプラモデル通販
  • 2009/05/16 11:34 AM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM