<< サンダーバード2号コンテナ収納 | main | 紙飛行機との出逢い >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2号発進

コンテナを積んだ2号は屋外に移動し、カタパルトから発進します。科学的には、あのような巨大で重そうな機体が、滑走もせず、ジェット噴射の反動だけでいきなり離陸できるのか疑問ですが・・・。
2号が動くと、左右にあるヤシの木が斜めに倒れるのも魅力です。サンダーバード秘密基地の模型では、スイッチを入れると、基地の台座の下に据え付けられたモーターがギアを通じてカムを動かし、カタパルトを上昇させ、ヤシの木を左右に傾け、カタパルトが一定の角度まで上がると、留め具がはずれて、バネの力で2号が勢い良く飛び出すようになっています。
まるで、からくり人形のようで、見ているとワクワクしてきます。




模型には、実在する戦闘機や戦艦、車や飛行機などを実物そっくりに組み立て、塗装していく、いわゆるスケールモデルと、このイマイのサンダーバード・シリーズのようにメカニックにこだわったものがあります。私は、小さい頃は、このメカニック物が大好きで、リモコンで歩くゴジラとか鉄人28号とか自動浮沈装置付き潜水艦とか、そんなものを作っていました。
そういえば、イマイのサンダーバードシリーズでは、5号の模型で、スイッチを入れると宇宙ステーションの5号がアンテナを回転させながら機体全体も回転し、しかも警告灯も点滅するというすぐれものがあったのですが、これだけは復刻されていないのか、最近、見たことがありません。


スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM