<< AV-8B ハリアー | main | エアロソアラの改造に挑戦 >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タカラトミーのエアロソアラ

東急ハンズで見つけて思わず買ってしまいました。一言でいえば、超軽量屋内ラジコン飛行機、エアロソアラです。機体は発泡スチロール製で、全重量わずか3.5グラム。これでモーター、プロペラ、充電池、赤外線受光機、ラダーを動かすコイルがついて、一人前に部屋を旋回するのですから驚きです。玩具といってもあなどれません。


写真の胴体下部、緑色の部分が赤外線受光機です。コントローラーから出る赤外線をここで受け止め、モーターの回転数とラダーの動きを操作します。モーターは主翼後部についていますが、直径3ミリ、長さ7ミリ、マッチ棒の頭くらいの大きさです。これで立派にプロペラを回します。


垂直尾翼のラダーを動かすのは、小さな電磁石です。この電磁石はスピーカーにもなっていて、充電が完了した際に「ピロリロリ」といった音を鳴らします…信じられない。


私の買ったキットは保管ケース付きです。値段は3,675円。機体とコントローラーだけだと2,625円。機体が修理不能なほど壊れてしまった場合は、機体だけ1,500円で買うことができます。


説明書によれば、40秒の充電で30秒の飛行が可能、3メートル四方くらいのスペースで旋回や八の字飛行ができるとのこと。早速やってみました。最初は、機体が勝手に曲がったり、ラダーが思うように動かなかったりでしたが、少しずつ調整し、操縦にも慣れてくると、段々調子が出てきました。30分くらい練習していると、旋回や八の字飛行ができるようになりました。室内をふわふわと頼りなく飛ぶ姿は愛嬌があります。
簡単に飛ばせるかと思ったら、微妙な調整が必要で、それが却って楽しさを増しています。機体が軽いのと、発泡スチロールが柔軟性のある素材(しなやかでポキッと折れにくい)なので、壁や椅子などにぶつかっても意外に壊れません。ただ、いずれにしても非常にきゃしゃなので、機体を拾い上げる時は、手で胴や翼を折らないよう丁寧に扱う必要がありそうです。


スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • 19:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
東急ハンズ
東急ハンズ(とうきゅうはんず)は、東急グループの流通関係企業の一つである。通称ハンズ。いわゆる「ホームセンター」の1つに挙げられるが、通常のホームセンターとは違い、都市型店舗を展開している。
  • 気になる言葉
  • 2006/09/16 9:47 PM
オモチャも立派な工業製品
以前、何気に紹介したおもちゃのラジコン飛行機ですが『日経ものづくり』で工業製品という別の切り口で紹介されていました。少子化の影響で競争が激しくなる玩具業界。その中で勝ち残るためには魅力ある製品の投入が不可欠だ。一般の工業製品とは一味違った低価格化の工
  • セカンドライフを考える
  • 2007/04/20 6:05 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM