<< ハニービーのローターの簡単な調整 | main | ハセガワ 三菱T−2 スペシャルマーキング >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エアロソアラの改造(その2))

エアロソアラの電源をリポ電池(リチウム・ポリマー電池)に交換して、快適に飛ばしていたのですが、何度か充電を繰り返すうちに、配線がショートしたのか、突然動かなくなってしまいました。
機首部の発砲スチロールのふたを取ってみると、内部が写真のようになっていて、リード線が混線していました。


そこで、修理を試みたのですが、胴体中央部の緑色の基盤から出ている細い線が切れてしまい、修理は失敗。やむを得ず、新しい機体を買ってきて(トイザラスで1999円)、再度改造することにしました。

例によって、機首部の発砲スチロールのフタを取り除くと(その際、緑色の基盤から出ている細い線を折ったり混線させないように注意)、ご覧のように二本の細い線の先にコンデンサーが付いています。これを線から切り離し、取り除きます。


なぜ機体内部で混線してしまったのか。リポ電池を充電する際には、リポ電池に接続しているコネクタをはずして充電器に接続しますが、充電のたびにコネクタを抜き差ししているうちに、機体内部のコードが動いてからまってしまったものと思われます。そこで、今回の改造では、機体内部でコードがからまらないように、コードをエポキシ系接着剤で固定することにしました。やや重量が増しますが、止むを得ません。+(赤)とマイナス(黒)を間違えないように注意して配線します。
写真では透明で見えませんが、ハンダ付けしてあるコードの接合部(青丸で囲った部分)をエポキシ系接着剤で胴体内部に固定してあります。これならコードがからまって接合部がショートする心配はありません。


これにリポ電池をセットします。リポ電池にコネクタを接合するコードも、エポキシで電池との接点を固めて丈夫にしてあります。


以上で完成。飛ばしてみると好調です!


スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • 01:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM