<< ハセガワ 三菱T−2 スペシャルマーキング | main | タミヤのゼロ戦(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エアロソアラの改造(その3)

改造エアロソアラですが、何度も飛ばしてあっちにぶつけ、こっちにぶつけしているうちに、プロペラの付け根や胴体にヒビが入ったり、翼端が欠けたりと機体が傷ついてきます。
その都度セロテープで補強しながらしのいでいましたが、修理を繰り返しているうちに、翼は曲がり、胴体はねじれ、さすがにガタガタになってきました。発砲スチロール製なので、長時間飛ばしていると劣化してくるのは無理のないことです。

さらに、リポ電池をフル充電して3ヶ月くらい放置してあったのも良くなかったのかもしれません。こちらも劣化したのか、飛行時間がかなり短くなってしまいました。調べてみると、電池が膨らんでいるようにも見えます。これは電池も交換した方が良いかもしれません。

そんなわけで、一念発起して、リポ電池と機体、一式を新調することにしました。
ところが、新しい機体を改造してみると、うまくいきません。内部の細い配線を切ってしまったのか、全く動かなかったり、壁にドンと当たったとたんに動かなくなってしまったり…。
機体によって調子が良かったり悪かったり、個体差もあるようです。主翼や尾翼の傾き、ねじれも1機ごとに全て違います。
壊れたエアロは、ご覧のような無残な姿です。


こうして、失敗が数機続き、やっと新機体の改造に成功しました。
これまでの経験で、上昇できるだけの推力がなくなった時点でバッテリモニタが点灯する(=充電が必要になる)ことが分かったので、バッテリモニタを省き、配線も簡単にしました。これで軽量化し、壊れにくくなります。


胴体にフタをして完成。今回の機体は絶好調。主翼の上半角が適度に左右アンバランスなため、自然に左旋回するので、かえって操縦がしやすく、電気系統もバッチリです。
またしばらく楽しめそうです。

スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • 18:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM