スポンサーサイト

  • 2009.05.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タミヤのゼロ戦(その1)

全ては「飛行機プラモ大全」から始まった

約2年間放置していたブログを、再開しようと思い立ちました。その訳は・・・

 先日、図書館で「飛行機プラモ大全」なる本を見つけました。コレクターの方が書かれた写真満載の本で、日本での飛行機プラモの歴史を俯瞰することができます。
 子供の頃に作った、アオシマやレベルの懐かしい機体。ああ、こんなのもあったなあ、と昔を懐かしく思い出しました。

 近所のおばさんからクリスマスにもらった、デルタ翼のすごいプラモがありました。レベル製で、風防を閉じると連動して前輪、主輪がともに胴体に収納されます。そのダイナミックで精巧な動きに感動したものですが、それが「F-102A デルタダガー」だったことも分かりました。
 何とか手に入らないものかと、ネットであれこれ探してみたのですが、かなり古いこともあって見つからず、断念せざるを得ませんでした。

 やや気落ちして、大全を読み進むと、ゼロ戦の記事がありました。過去、ゼロ戦のキットは、国内のみならず海外でも作られてきましたが、その中でも、タミヤのゼロ戦は最高峰とあります。
 見れば、エンジンやコックピット、座席のシートベルトに至るまで精密に再現し、主輪も尾輪も引き込み可能。昇降舵など各舵も可動。精巧さと動く面白さをともに追求した欲張りなモデルとのこと。

 値段は7000円近くするのですが、よし、これを作ってみよう!と心に決めました。


エアロソアラの改造(その3)

改造エアロソアラですが、何度も飛ばしてあっちにぶつけ、こっちにぶつけしているうちに、プロペラの付け根や胴体にヒビが入ったり、翼端が欠けたりと機体が傷ついてきます。
その都度セロテープで補強しながらしのいでいましたが、修理を繰り返しているうちに、翼は曲がり、胴体はねじれ、さすがにガタガタになってきました。発砲スチロール製なので、長時間飛ばしていると劣化してくるのは無理のないことです。

さらに、リポ電池をフル充電して3ヶ月くらい放置してあったのも良くなかったのかもしれません。こちらも劣化したのか、飛行時間がかなり短くなってしまいました。調べてみると、電池が膨らんでいるようにも見えます。これは電池も交換した方が良いかもしれません。

そんなわけで、一念発起して、リポ電池と機体、一式を新調することにしました。
ところが、新しい機体を改造してみると、うまくいきません。内部の細い配線を切ってしまったのか、全く動かなかったり、壁にドンと当たったとたんに動かなくなってしまったり…。
機体によって調子が良かったり悪かったり、個体差もあるようです。主翼や尾翼の傾き、ねじれも1機ごとに全て違います。
壊れたエアロは、ご覧のような無残な姿です。


こうして、失敗が数機続き、やっと新機体の改造に成功しました。
これまでの経験で、上昇できるだけの推力がなくなった時点でバッテリモニタが点灯する(=充電が必要になる)ことが分かったので、バッテリモニタを省き、配線も簡単にしました。これで軽量化し、壊れにくくなります。


胴体にフタをして完成。今回の機体は絶好調。主翼の上半角が適度に左右アンバランスなため、自然に左旋回するので、かえって操縦がしやすく、電気系統もバッチリです。
またしばらく楽しめそうです。

ハセガワ 三菱T−2 スペシャルマーキング

三菱T−2は航空自衛隊の超音速練習機です。三菱重工を中心に国内で開発され、1971年が初飛行です。全長約18メートル、全幅約8メートル、最高速度マッハ1.6、20mmバルカン砲を装備しています。
1982年から1995年まではブルーインパルスの機体としても使用されました。

この機体は、松島基地(第4航空団第21飛行隊)のものです。松島基地では、1975年にT−2が配備され、30年近く学生訓練に使用されましたが、2004年からは後継のF−2Bに譲り、訓練飛行から引退しました。
そこで、引退を記念して2003年に第21飛行隊がデザインした記念塗装がこの機体です。同隊のスコードロンカラーである青を基調として、主翼、垂直尾翼に「21」の数字、「4」空団を意味した4枚の羽が描かれています。










この模型は1:48スケールで全長が40cm近くあり、ハセガワらしいこだわりで、細部まで再現してあります。マーキング大変でしたが、とても綺麗です。

エアロソアラの改造(その2))

エアロソアラの電源をリポ電池(リチウム・ポリマー電池)に交換して、快適に飛ばしていたのですが、何度か充電を繰り返すうちに、配線がショートしたのか、突然動かなくなってしまいました。
機首部の発砲スチロールのふたを取ってみると、内部が写真のようになっていて、リード線が混線していました。


そこで、修理を試みたのですが、胴体中央部の緑色の基盤から出ている細い線が切れてしまい、修理は失敗。やむを得ず、新しい機体を買ってきて(トイザラスで1999円)、再度改造することにしました。

例によって、機首部の発砲スチロールのフタを取り除くと(その際、緑色の基盤から出ている細い線を折ったり混線させないように注意)、ご覧のように二本の細い線の先にコンデンサーが付いています。これを線から切り離し、取り除きます。


なぜ機体内部で混線してしまったのか。リポ電池を充電する際には、リポ電池に接続しているコネクタをはずして充電器に接続しますが、充電のたびにコネクタを抜き差ししているうちに、機体内部のコードが動いてからまってしまったものと思われます。そこで、今回の改造では、機体内部でコードがからまらないように、コードをエポキシ系接着剤で固定することにしました。やや重量が増しますが、止むを得ません。+(赤)とマイナス(黒)を間違えないように注意して配線します。
写真では透明で見えませんが、ハンダ付けしてあるコードの接合部(青丸で囲った部分)をエポキシ系接着剤で胴体内部に固定してあります。これならコードがからまって接合部がショートする心配はありません。


これにリポ電池をセットします。リポ電池にコネクタを接合するコードも、エポキシで電池との接点を固めて丈夫にしてあります。


以上で完成。飛ばしてみると好調です!


ハニービーのローターの簡単な調整

室内でかわいらしい飛行を楽しんでいたハニービーですが、何度も飛ばすうちに、1回の充電で飛べる時間が短くなってきました。バッテリーが劣化してきたのかな、何か対応策はないのかなとネットで調べていたら、ローターの調整というチェックポイントがありました。
確かに、最近、ローターを回すと、機体の振動が激しく、ブーンという感じで音もうるさくなっているような気がします。何度も壁にぶつけたせいでしょうか冷や汗そこで、機体を手で持ってローターを回転させてみると、本来、1枚に見えるべきローターの残像が、2重になっています。写真に撮って見ると、ご覧のように、明らかにローターが傾いています。


そこで、ローターの端にテープを貼ります。ネットによればセロテープでも何でもいいようですが、私は、タミヤ模型の塗装用テープを貼りました。まず、ローターの片端に1〜2cm貼って回転させてみて、うまくいかなければ逆の端の貼ってみる、テープの大きさや長さを変えてみるといった作業を4〜5回繰り返します。


すると、急にローターがヒューンという感じで軽快に回転しだしました。横から見ると、回転のずれが修正され、1枚の羽根のように見えます。写真に撮ってみると、ローターが水平になっているのが分かります。


飛ばしてみると、前よりも飛行が安定した上に、回転効率・揚力が増したためか、モーターのパワーが小さくても浮いています。従って、飛行時間も延びるという次第。再び快適な飛行を楽しめるようになりました。

蛇足ながら、エアロソアラも、バッテリと動力部をつなぐコネクタを何度もくっつけたりはずしたりしているうちに、コードが折れてコネクタが壊れてしまいました。コネクタを付け替える必要があり、インドアプレーンショップに早速発注をしました。
何度も飛ばしていると、修正や修理が必要になってきますが、これもまた楽しみの一つです。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
カウンター
ブログパーツUL5
エアロソアラ
ハニービー
ジェットモグラ発進!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM